しじみジョージのしまね・とっとり取材レポート

パワースポットレポート

パワースポットでの神社結婚式レポートその1
by george
レトロな風情が漂う、港町での神社結婚式

こんにちは~
神話の国、山陰の神社結婚式をお手伝いしている「神話婚」の現地スタッフしんわちゃんが、パワースポットである山陰の神社で、実際にご結婚式をされた様子をご紹介したいと思います!

ゑびす系神社の総本社として有名な「美保神社」
「青石畳通り」で撮影中のお二人。新郎様の元に進まれる新婦様。

松江市美保関町にある「美保神社」は商売繁盛、五穀豊穣、安産、海上安全、大漁満足、歌舞音曲(音楽)など様々なご利益があるといわれています。そんな美保神社には商売繁盛を祈念する経営者や、水産・海運に携わる人、歌や踊りを奉納するために訪れる歌手や芸能関係の人・・・あらゆる分野の方が全国からお参りに訪れます。また、美保神社まで続く「青石畳通り」は歴史を感じる旅館や老舗の醤油藏が建ち並び、レトロな風情を醸し出しています。赤い番傘と白無垢姿の花嫁がとってもよく似合います!

美保神社での結婚式
「参進の儀」で神殿に進まれるお二人。赤い野立て傘がお二人を守ります。

美保神社での結婚式は参進の儀から始まります。参進の儀とは新郎新婦が神殿まで入場する儀式のこと。神職や巫女に先導されたり、列席の方々が新郎新婦の後に並んで歩いたりと様々なカタチがあります。
誓飲(三々九度)や指輪の交換・誓詞(ちかいのことば)を経て厳粛な雰囲気の中、めでたくお二人はご夫婦となられました。
実はお二人とも関東のご出身で、現在も関東にお住まいなのですが、観光にいらした時に美保神社の魅力に強く惹かれたそう。「他の神社にも行ったけど、結婚式をするならココだと思った!!」と山陰出身のしんわちゃんにとって、とっても嬉しいお言葉をいただきました!
巫女舞や雅楽の調べがとっても印象的な美保神社での結婚式。県外にお住まいでも現地スタッフが土地勘を活かしたサポートしておりますのでお気軽にご相談ください☆

取材先
店名 神話の国で叶える神社神話婚「神話婚」
住所 〒683-0053 鳥取県米子市明治町125
電話番号 0859-31-9125
ウェブ http://www.shinwakon.jp/
営業時間 10:00~19:00
定休日 火曜日